犬のしつけの必要性

2015年07月09日 10:25

騒いだり、咬みついたり、無駄吠えすると言った、犬の本能的な行動が人間にとっては問題となる場合があります。
これは、犬にとっては大きなジレンマとなりますが、室内犬にしろ、庭先で飼われている犬にしろ、犬が人間社会で共存して、幸せに生きていくためには、犬がもっている本能的な行動を抑えることを学ばせなければなりません。
こうした、犬と人間との違いからくる問題行動を解決するための方法は幾つかありますが、素人では、こうした解決法だけではうまくいかないときは、資格をもったドッグトレーナーから専門的なアドバイスを受け、犬があなたの生活にうまくとけこめるようなしつけをする方法を学ぶことが大切です。もし、犬があなたの望まない行動をとった場合は、ごほうびをあげてはいけません。
犬の服従のカギとなるのは適度な運動です。犬に十分な運動をさせてあげることによって、家族が犬と十分に遊び、ケアしてあげる時間をつくることが出来ます。
そうすることなく、退屈で、あまり運動もしない犬は、たまったエネルギーを乱暴なやり方で発散してしまいます。しかし、十分な運動をさせてあげることによって、犬は幸せな気分になり、体を丸めて昼寝をします。
犬は眠っているときは問題を起こせませんよね?そういう意味でも、これはとても 良いことなのです。
遠藤和博氏の「犬のしつけ講座」は【90%以上】の成功率!!

お問い合わせ先

privwebn001 kytuna@yahoo.co.jp