占いの種類

2016年03月21日 11:09

当たるも八卦、当たらぬも八卦と言いますが、占いは、我々の生活に深く根付いており、数多くの占いが存在しております。
そのいずれも、長い歴史を持っており、易者、鑑定士、霊媒師などが、その人の行動の指標や吉凶善悪の判断を行っております。
また、こうし専門家に頼らず、自分で血液、手相、誕生占いを行っている人もいることでしょう。
占いは基本的には、長い歴史を通じて集められた過去のデータを統計学に基づいて、あるいは、占い師個人の経験を元にして、運勢・運命・未来を占うものです。
このため、個人の生年月日や氏名、性別、出生地などから、占い師は自らの主観を交えず、統計値が示す占い結果を相談者に答えることになります。
占いは大別すると、命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)・霊(れい)の4つになります。
命(めい)は、人が持つ運命や宿命を占う際に用いられる占術です。これに、誕生日や出生地を加えることによって、相談者の性質や性格、嗜好や人生の運気の上下する時期などがわかります。
卜(ぼく)、相(そう)は、時間や方位などを使って、人が関わり合う事件や事故などを占うものです。
霊(れい)は、統計学に基づいた占い結果に加え、占い師の直感や霊感といった特別な能力を加えて吉凶や未来を占うものです。このため、占い師には占いデータの知識に加え、修行等で得られる能力が必要となります。
 

電話占いヴェルニ

お問い合わせ先

privwebn001 kytuna@yahoo.co.jp