肝臓に負担をかけない食事

2015年11月03日 08:56

肝臓に負担をかけないためには、偏食をせず、よく噛んで食べることです。また、野菜や果物をしっかり食べ、脂っこいものはできるだけ控えましょう。<br/><br/>
主食は、タンパク質の少ない白飯が良いでしょう。食べ過ぎず、常に腹八分目にするだけでも、十分に肝臓を回復させることができます。<br/><br/>

お酒を飲んでいる人は、お酒をまったく飲まない休肝日を作りましょう。<br/><br/>

肝臓にとって、アルコールの分解・解毒はとても大変な作業なのです。アルコールを過剰に摂取すると、肝臓は疲れてしまい分解しきれなくなります。<br/><br/>

こうなると、アルコール性脂肪肝になる危険性が高くなります。また、飲酒をしない人でも、脂っこいものや甘いものなどを食べない休肝日を作りましょう。それだけでも、肝臓の回復力に違いが出てきます。<br/><br/>

サプリメントで肝臓を守る方法もあります。最近では、シジミに多く含まれているオルニチンや牡蠣に多く含まれているタウリンなどが、肝臓に良い効果が期待できる栄養素として注目されています。<br/><br/>

普段の食事で、これらの栄養素を必要量摂取するのは結構難しいものです。しかし、サプリメントであれば、食事に余り気を遣わなくても、必要な栄養素を補っていくことが出来ます。<br/><br/>

血糖値や肝機能が気になるなら「サラシアプラス」

 

お問い合わせ先

privwebn001 kytuna@yahoo.co.jp